お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




神秘的で魅惑のアラビアの国々。


アラビアの伝統が残り続けるマスカット、UAEで唯一の世界遺産が指定された街アルアイン、紀元前5000年の歴史とイスラム教国らしからぬ夜の街が楽しいバーレーン、誰にも知られていない美しい港街クウェート、豊かな自然と伝統がミックスされた近代都市ドーハ。いずれも同じアラビア半島の国ですが各国違った特色を持っており、街はそれほど広くなく、治安もよいため街歩きには最適です。この機会に知られざるアラビアを体験してみては!

ドバイページトップへ>

ドバイ
Dubai
国際都市ドバイはショッピングに
グルメも世界一。

ドバイはいわずと知れたエキゾチックなコスモポリタンシティ。ビーチも砂漠もあるけれど、ぜひ散策してみたいのがシティエリアです。敬虔なイスラム教徒の暮らすアラブならではの美しいモスク(イスラム教寺院)は必見です。またお金持ちの国らしく、煌びやかな金製品やダイヤモンドなどの宝石を売る店が延々と軒を連ねるゴールドスーク、スパイスや野菜、魚を売るスークまで、市場めぐりも楽しみです。そんな古いドバイの一面とは対照的に、華やかなショッピングモールや、話題の世界一の高層ビル「バージュ・カリファ」など、超モダンでオシャレなドバイのスポットにも行ってみたいですね。


アブダビページトップへ>

アブダビ
Abu Dhabi
進化し続ける未来都市、アブダビ。

現在進行形で進化し続けているアブダビはあちこちで新しいビルやホテル、観光施設が出来てきています。イスラム教のモスクといえば、異教徒は中に入れませんが、2007年に完成したシェイクザイードモスクは、外国人観光客でも入ることができます。大理石で出来た白亜の巨大モスクで、お祈りの部屋には世界一のペルシャ絨毯が敷き詰められています。マリーナ・モールという大型ショッピングセンターでお買い物をしてみたり、ヤスアイランドではフェラーリワールドでアトラクションを楽しむこともできます!


アルアインページトップへ>

アルアイン
Al Ain
UEA唯一の世界遺産のある街、
アルアイン。

アルアインはアラビア語で「泉」を意味し、ドバイやアブダビから約2時間ほど離れたオマーンと国境を接するオアシスの街です。ここには紀元前3000年の青銅器時代の遺跡が発掘されたヒリガーデン、ハフィート山の麓には紀元前4000年前の遺跡も発見されており、2011年にユネスコの世界遺産に登録されました。ドバイやアブダビでは見ることができないアラブらしい岩山や荒野、常緑樹が広がる豪快な景色が見どころの一つです。またラクダが販売される「ラクダ市」もアラブの暮らしが垣間見れる一場面です。


マスカットページトップへ>

マスカット
Muscat
オマーン首都であり美しい港町
マスカット。

マスカットは切り立った岩山に囲まれた、木々の深緑とインディゴブルーの海と純白のオマーン建築のコントラストが大変美しいオマーンの首都です。オマーン湾に面したこの街は美しいビーチを持ち、リゾートに滞在しながらも歴史ある建造物や民族衣装を着たローカルなオマーン人ともふれあえる魅力溢れる街となっています。マスカットの中枢となるのはビジネスエリアのルイ地区、港町のマトラ地区、政治の中枢であるオールド・マスカットです。特にマトラ地区ではマトラ・スークと呼ばれるマーケットがあり、頭まですっぽりスカーフを巻いた民族衣装の若い女性がお洒落な服や靴、アクセサリーなどを求めに賑わっています。


サラーラページトップへ>

サラーラ
Salalah
手つかずの自然が残る
オマーン南部の都市。

首都マスカットから約1050kmというかけ離れた所にある街サラーラ。広大な土漠とラクダの群れ、そして白で統一された低層な家。その先にはコバルトブルーの海と、ヤシの木やバナナの木が立ち並ぶ・・・サラーラにはそんな中東らしくない光景が広がっています。東には小さな漁村タカがあり、絶壁からコバルトブルーの海とタカの街並みが見渡せます。また、西部にあるマグセイルの岸には波の浸食によってつくられたブローホールと呼ばれる不思議な洞窟を見ることができます。手つかずの自然がまだまだ残っているサラーラはまさに「中東の南国」。ヤシの木が生い茂る海辺でラクダが水を飲む、そんな光景を見られるのはここサラーラだけでしょう。


ドーハページトップへ>

ドーハ
Doha
今もっともエキサイティングな進化する街。

1997年の設立以来、カタール航空は著しい成長を続けドーハ空港は世界有数のハブ空港となりました。それに伴い発展を続けるドーハ。ドーハ中心部に位置するスーク・ワーキフは世界各国のレストランやベトウィンスタイルのカフェが立ち並ぶお洒落なエリアでありながら、路地に入れば伝統的なスタイルの市場でエキゾチックな香りが漂います。ルーブル美術館のピラミッドをデザインした建築家I.M. Peiが手がけたイスラム芸術のミュージアム、巨大な真珠のような形をした人工島「ザ・パール」など話題に事欠きません。現在2015年の完成を目指し世界最大規模の新国際空港を建設中です。まさに進化途上のますます目の離せないドーハ。今が訪れるチャンスです。


バーレーンページトップへ>

バーレーン
Bahrain
歴史あるモスリムの楽園、バーレーン

バーレーンはどのアラビア諸国とも違った魅力を持っています。世界遺産のバーレーン・フォートなどディルムン文明の中心地であり歴史的に見るべきものが多いことに加え、アルコールを飲むことができることから規律の厳しいサウジアラビアやクウェートなど近隣諸国からの旅行者が集まり、夜にもなると街はきらびやかなネオンで彩られるのです。それはまるでここがイスラムの国ということを忘れそうなほど。モスリム(イスラム教徒)にとってはまさに楽園の地?!なのです。あと20年で石油の採掘は底をつくと言われているバーレーン。その為、早いうちから観光客の誘致に力を入れており、観光客が楽しめる見どころの開発が今後期待されるところです。


クウェートページトップへ>

クウェート
Kuwait
美しい港町、クウェートでは
のんびり散歩観光がおすすめ

湾岸戦争の傷跡を全く感じさせないほど復興したクウェート。街中にはスタイリッシュな高層ビルが立ち並び、近代的なショッピングモールの中にはスターバックスをはじめ日本でもお馴染みのアメリカ系チェーン店があり、アラブの国とは思えないほど食事情は充実しています。市内はそれほど広くはないので、徒歩観光でも十分楽しめます。まだまだ観光客に知られていないクウェート、美しいクウェート湾とクウェート・タワーを望みながらの食事ができるレストランで、ゆったり自分だけの時間を過ごしてはいかがでしょうか?